--,-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Previous: 書評 -日本語作文術-





管理者にだけ表示を許可する



| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集



2012,08 25

書評 -日本は再生可能エネルギー大国になりうるか-

※この記事は、メディアマーカーからの転載です。

本書を読んだ直後の率直な感想は、「あー、本当に俺は何も知らなかったんだなあ」だった。









目次
第1章 民間事故調から学んだこと 原子力のリスクを明らかにする
福島の原発事故とは何であったのか
過密な原子炉と使用済み燃料貯蔵
破滅的な事故までいかなかったのは偶然の幸運!
なぜ、菅首相は現場を直接指揮しようとしたのか
東電が現場から撤退する!?
エリートパニックによる情報操作
空気を読み合う無責任集団
原子力規制庁はきちんと機能できるのか
第2章 原発事故における科学者・技術者の責任
沈黙してしまった科学者・技術者
情報発信の責任と、学問の自由
真実はどこまで伝えるべきか
「それでも地球はまわる」といわねばならない
心の問題に科学は助けになるか
第3章 エネルギー政策の選択肢 日本はどの道を進むべきか
3つのエネルギー源:原子力、化石、再生可能エネルギーの相対比較
日本のエネルギー政策6つのシナリオ
脱原子力・再生可能エネルギー導入に必要な「投資」と「電気料金」
省エネは新たなエネルギー源
FIT(電力固定価格買取制度)の導入による「育エネ」
第4章 再生可能エネルギーの経済学
世界の原子力発電の現状と動向
原子力はなぜ夢のエネルギーとされたのか
年月を経るとともに価格の上がるエネルギーと下がるエネルギー
第5章 新エネルギー革命がこれからの100年をつくる
脱原発に必要な省エネルギー
世界各国に見る再生可能エネルギー
鍵を握るのは「グリッド・パリティ」
海洋国家の洋上風力発電の可能性
メタンハイドレートは日本を救うか
再生可能エネルギーには電池が必要という神話
「ソーラーシェアリング」:農業と発電業の兼業
エネルギー小国から、国産エネルギー大国への道
再生可能エネルギーへの投資レースが始まっている
日本は未来エネルギーの世界のセンターに
若者たちが担うこれからの100年
おわりに


前半を読んでいけば、冗談抜きで3.11直後の日本はいつ「終わって」もおかしくない程とても危機的な状況であったのと、そして今のところそうなっていないのは単に運が良いだけだという事がはっきりと分かる。

東電、官僚など「原子力村」の隠蔽体質、そして組織として機能不全に陥ってしまった原因を、様々な決断をその場で迫られる現場の心理的状況などを絡めながら、臨場感溢れる描き方で事実関係の全体像を客観的かつ冷静に洗い出している(様に思えた)。圧巻。

問題は、タイトルにもなっている本題の「再生エネルギー」について言及している後半なのだが、ここに少し不満がある。
様々なデータから再生エネルギー(風力、地熱、太陽光、小水力)の有望性をとても具体的に説いているが、そのデータそのものがどれくらいの信憑性を持ってるのか素人の私では反証しようがないし、意図的かは分からないがコストベースなどの記述が正直曖昧で、「鵜呑みに出来ない」という印象を持った。

しかし、そこは技術大国日本である。

Power of, by, for, and to the People - 書評 - 日本は再生可能エネルギー大国になりうるか
日本はそのための技術力と財力を、他のどの国よりも持ち合わせて来た。そして今、その潜在力を解き放つだけの動機を、他のどの国よりも持っている。(中略)「失われた20年」の中でさえ、世界有数の通信料金の高い国から、世界一ブロードバンド料金が安い国になったことを、世界は知っている。エネルギーで同じことが起こせるわけがないと考える方がむしろおかしいのではないか。

そして、それが叶った暁には、こうなる。
累計投資額、200-250兆円。巨大な数字であるが、これは日本の化石燃料代10年分に相当する。それ以降は、今まで消費していた年間20-25兆円が、社会投資にまわせる金額となるのだ。

とても魅力的で、そしてとても報われる可能性の高い事業である事は確かだ。

その少し先の未来を、今のあなたが確認する為に、今読むべき価値のある一冊。是非。

関連記事



Previous: 書評 -日本語作文術-





管理者にだけ表示を許可する



| 書評 | 08:16 │Comments0 | Trackbacks0編集



プロフィール

minougun

Author:minougun
23歳。
About

Twitter



Twitter ブログパーツ
Facebookページ
最新記事
カテゴリ
未分類 (1)
お笑い (5)
社会 (1)
勉強 (0)
javascript (1)
音楽 (2)
映画評 (2)
過去ネタ (1)
表現 (1)
書評 (8)
音声
を開局しました。
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。